ドッグフードの保存方法。冷蔵庫・常温どちらが正しいの?

ドッグフード

開封後のドッグフードの保存方法、冷蔵庫・常温どちらで保存していますか?

ドッグフード保存容器を使い常温保存が適正な方法です。

冷蔵庫保存は、カビの発生の原因なのです。

愛犬の健康な身体を作る、大切なごはん。正しく保存し新鮮な食事をあげましょう。

正しい保存方法や開封後の使い切る期間など、お話しします。

『ドライフードは常温で保管だよっ!

ドッグフードの保存方法

ドッグフードの保存方法は、常温保存しましょう。

保存容器などを上手に使用し、高温多湿、直射日光を避け常温保存が正しい保存場所です。

ドッグフードの開封後は冷蔵庫に入れている飼主様が多いのではないでしょうか?

未開封も開封後も、常温での保存が正しい保管場所です。

冷蔵庫保存することにより、カビの発生原因となってしまうのです。

冷蔵庫保存はNGなのです!

なぜ冷蔵庫保存がいけないのか?

ドライフードには、約10%前後の水分が含まれています。

1日数回、出し入れするフードは冷蔵庫内部と外の温度差により

フード粒の表面に水滴ができ結露が発生し、カビの発生原因となってしまうのです。

 

目に見えない小さなカビが発生していて、知らず知らずに愛犬に与えてしまっているかも?

そんなことになっていたら、とても怖いです。。

 

開封後は、つい冷蔵庫に保管したい気持ちになりますが、

いけない理由がわかると、これからは常温保存にしよう!と思いますね。

ドライフードは常温でね。

『冷蔵庫に入れないでー!』

ドッグフード開封後の期限

ドライフード

ドライフード開封後の期限は、1カ月を目安に使い切りましょう。

ドッグフードは開封した瞬間から酸化が始まっています。

なるべく早めに使い切るように心がけていきましょう。

 

大袋で購入した方が、お得ですが・・

わんこが食べる量を考え、1か月で食べきれるグラム数を選び、

常に新鮮な状態のフードをあげることを、心がけてくださいね。

 

酸化がすすみ傷んだフードは、いつもと匂いが違う・ベタベタする。という状態になります。

ちょっといつもと違うな。。と、

感じたら食中毒の原因となるので、残っていても、思い切って!処分しましょう。

 

ウェットフード

ウェットフード開封後の期限は、1日で使い切りましょう。

名前の通りウエットフードですので、沢山の水分で出来ています。

人の缶詰食材と同様な保管でOKです。

缶詰から容器に移し、冷蔵庫へ保管しましょう。

 

冷蔵庫保存し24時間位を目安に使い、

もし残ってもドライフード同様に思い切って処分し新しいフードをあげてくさいね。

 

ドッグフード保存方法のまとめ

  • 保存法は常温保存 (開封前も開封後も)
  • 冷蔵庫保存はNG
  • 開封後期限は1か月

 

毎日の食事は、健康な身体を保つことに重要なプロセスになります。

ドッグフードの正しい保存方法と使用期限を守り、

新鮮な水と食事を常に心がけ、

 

わんこがいつまでも元気に楽しく過ごせるような環境作りを、私たち飼主が作ってあげましょうね。

 

大切な家族の笑顔のために。

たかはし あゆみ

コメント

タイトルとURLをコピーしました