犬の便秘は何日から?便秘の解消法からマッサージと食べ物までの対象法

犬の便秘、解消法やマッサージ 犬の体調

犬は、通常1日1回以上排便するのが正常です。

2日排便がなければ便秘ということになり、便秘に対しての対処や解消法をしてあげることが適切です。

犬の便秘解消法や便秘マッサージ、便秘に隠された病気や、

便秘に悪い食べ物を、お話していきます。

犬の便秘、解消法やマッサージ

 

犬の便秘

軽度な便秘ならば、水分を摂って便を柔らかくし排出を促してあげると

緩和する可能性があります。

 

通常、排便は体内の毒素を排出する役目があります。

しかし便秘となると、毒素が体内に留まり下痢よりも体に悪いことになってしまうのです。

そのため、便秘には注意が必要となります。

 

ただ、環境の変化などで排便を我慢してしまう。

という犬もよくいますので、環境によるものか病気によるものか見極めてあげ、

それに合った対処法を愛犬にしてあげてください。

 

まずは、食事や環境の変化があったかを考えてみましょう。

犬の便秘、マッサージ

『僕たちは、とっても繊細なんだぁ。』

犬の便秘は何日

健康な犬の排便回数➡1日1回以上
犬の便秘は➡2日以上排便がない。

 

犬は通常、1日数回の排便をするのが健康な状態です。

 

ただフードの量や切替えた時など、1~2日うんちが出ない時もあるので、元気や食欲があれば心配ないと言えます。

犬は生活環境の変化により、1日出ないということもよくあります。

 

2日排便していない

2日以上排便がないときは、便秘と考えましょう。

 

便秘が続く事により、腸にガスが溜まり腹痛がでてきます。

元気で食欲もある場合は、それほど心配ありませんが、

  • お腹が膨れている
  • 元気がない
  • 排便姿勢をして力んでいるけど、便が出ない

 

このような症状がみえたら、病気の可能性があります。

早急に動物病院に連れて行きましょう。

 

3日排便していない

3日排便がない状態は、病気の可能性を疑いましょう。

 

環境などによる便秘ではないと考えられます。

3日間、便が出ない状態が続いたら元気や食欲があったとしても

動物病院に連れて行き診断を受けましょう。

 

5日以上排便していない

5日以上、便が出ない場合は「異常事態」!!

 

大腸に便が溜まり機能不全に陥る「巨大結腸症」

という病気を発症している可能性があります。

 

*注意*

3日排便していない場合は!早急に動物病院へ受診しましょう!

 

環境による便秘の原因

  1. 環境の変化
  2. 運動不足
  3. 水分不足
  4. 食事の偏りや切替
  5. トイレの場所の移動

 

犬は繊細な動物です。

小さな環境の変化でもストレスを感じ、排便がでないことも良くあります。

引っ越しなどの大きな環境の変化はもちろんですが、

自宅にお客さんが来た。

お友達のわんこが遊びに来た。

など、いつもの環境と違い犬はストレスを感じている場合があります。

 

 

お部屋の毛様替えにより、いつものトイレ場所が変わった。

という時も、排便を出来なくなってしまう事があります。

なるべくトイレの場所は変えずにしてあげることが、犬にとっては良いのです。

便秘解消法

  • 水分を摂る
  • 適度な運動
  • 食事ドッグフードを見直す
  • マッサージをする

 

基本ですが、犬も人同様に水分不足や運動不足により便通が悪くなることがあります。

 

軽度の便秘が原因の場合は、便を軟らかくしてあげると症状が少し緩和される可能性もあります。水分をよく取ってくれる様に工夫してあげてください。

  • 食事をあげる時は、必ず新鮮な水を横に置く。
  • 食事と一緒に水を飲めるようにしてあげる。

 

 

もし愛犬が水を、あまり飲んでいないな。。と感じたら。

積極的に水分を取らせるようにしてあげて下さい。

  • フードに水を含ませふやかす
  • ウエットフードをあげるなど

 

野菜を茹でて細かくしフードに混ぜるのも有効です。

野菜はあげすぎると軟便や下痢の原因になるので、

一気に沢山あげるのではなく、少量を継続的にあげるようにしてあげてください。

 

『ママ♪あたしが、ちゃんと水分たくさん取れるように工夫してね♪』

 

 

便秘を促進させる原因として、次のようなものがあります。

  • 過度なカルシウムの摂取
  • 人工添加物の入っているフード
  • 植物性タンパク質の多いフード

などは消化不良を起こし便秘の原因ともなります。

 

愛犬の食事に、もし上記なものが多く含まれているのなら、

フードの見直しを考えてあげてください。

 

毎日食べる食事、他の病気を招かないためにも、充分気を付けてあげましょうね。

 

運動不足は、消化管の促進にも関わり、便秘の原因にもなります。

愛犬の楽しい時間でもあるお散歩♪適度なお散歩はをし運動不足を解消しましよう。

身体と心の健康に繋がりますからね。

犬便秘にみられる病気

病気が原因での便秘の場合は、排便の際には痛みを感じ鳴いたり。

また、便が出ないにもかかわらず何度も、排便の姿勢をすることもあります。

 

疑われる病気

  • 腸閉塞
  • 癌・腫瘍
  • 前立腺肥大
  • 会陰ヘルニア
  • 椎間板ヘルニア

 

症状としては、息が荒い・痙攣などは脱水を起こしていると考えられます。

 

更に、嘔吐や震え、痛みなどが見られた場合は、緊急に病院で診察を受けてください。

腸閉塞や神経障害、癌などの病気の可能性があります。これらの病気は、命に関わることになるので、上記の症状が出てる場合には様子見は手遅れの原因となるので、すぐに病院へ行きましょう。

 

犬便秘マッサージ

お臍の周りのツボを押す

お腹の真ん中の少し盛り上がったところに『おへそ』があります。

その周囲1㎝あたりに胃腸のを整えるツボがあります。天枢(てんすう)、中かん、関元(かんげん)

そのツボを優しく押す。

 

お腹をマッサージ

犬のお臍を中心にお腹を、『の』の字を書くイメージで、円を描くように

優しくゆっくりマッサージしてあげてください。

 

肛門周りを撫でる

オリーブオイルに浸した綿棒で、肛門のあたりを優しく撫でるように刺激する。

 

『優しく。優しく。マッサージしてね。』

犬便秘にヨーグルトは良いの?

便秘な犬に、ヨーグルトは良いのか?
この問題は、賛否両論ですが。。
犬の便秘解消に乳酸菌は効果的とも言われていますが。。
私が愛犬の為に調べた結果を話します!
ヨーグルトには乳糖という成分が配合されています。
この乳糖は消化することが難しく、腸にとって負担になるものです。
(乳糖とは、お腹がゴロゴロする原因となる成分です。)
今は、犬にヨーグルトを与えて下痢をしなければ問題ないと言われています。

でも、腸の負担となっているのは事実です。

結果は便秘で弱っている腸に、あえて負担となるヨーグルトは適していない。
となると思われます。
結果!
便秘の犬にヨーグルトは与えない方が良い。
と、思います。

犬の便秘のまとめ

2日以上便秘が続いたら、動物病院へ受診する!

これが、早期に症状を抑え重症化を防ぐ事になります。

 

便秘は、日数が進めば進むほど悪化していきます。

2日以上排便がでないのが続いた場合は、様子見は絶対やめましょう。

 

そのためにも、日頃から毎日のうんちチェック!!しっかりしていきましょう!

 

大切な家族の笑顔のために。

たかはし あゆみ

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました