【海で犬を救出!】大海原220キロ漂流!石油掘削施設スタッフ発見

動物ニュース

 

こんにちは!

高橋あゆみです!

 

さきほど嬉しい【犬のニュース】がありました!

 

海を220キロ漂流した犬が助けられました!

本当良かったぁ。良かったぁよぉー。

救出時は元気がなかったようですが、救出後は元気が回復された様子です。

安心ですね。ほぉっと胸を撫で下ろしました。

 

海で犬が救出、220キロ漂流

画像:Twitterより

 

【海で犬が救出された!】大海原220キロ漂流

 

タイ湾の大海原にある、石油掘削施設スタッフが、

『遠くになにか浮かんでいる??』と、目に入り確認すると犬だった!

このスタッフが、犬を呼び寄せて

無事に犬は救出されました!!

 

救出されたときは、元気がなく動かない様子でしたが

徐々に元気に回復し水をペロペロ飲み、

自分の足で立って地上に到着した様子です。

 

長い時間足も付かない、体も支えられない、水の中でふわふわ浮き続けていたのだから

自分の足が地に足が付いたとき、

きっとわんこは『ほっ。』としたと思います。

 

『この感覚久しぶりだなぁ。やっと帰ってこれた!』

とか思ったかなぁ~。

 

漂流していた時の犬のきもちは

 

大きな海の中、たったひとりで漂いつづけて

とってもとっても不安で怖かったでしょう。。

海から犬が救出される、いぬのきもち

何処を見渡しても360度海水しかなく、夜に鳴ると真っ暗になり

きっと聞こえてくる音も更に怖く感じていたと思います。

お腹もすき喉も渇き、ずっと海水の中で体温も奪われ寒かったでしょう。。

 

犬のその時の気持ちを思うと、胸が締め付けられる思いです。

人間でも耐えられるようなことではない事を

よく頑張って、泳ぎ続けてきたね。

 

ほんとによく頑張ったね。偉かったよぉー!

 

犬を救助した石油掘削施設スタッフに感謝

 

わんこを発見してくれた石油掘削施設の方に、本当に感謝ですね。

 

もし犬が通過した時間が夜だったら。。

もしスタッフが海を見なかったら。。

 

など、考えると怖い気持ちになります。

わんこはその後どうなっていたんだろうと。。

 

さまざなタイミングが奇跡的に起きたのかもしれませんね。

本当に良かったぁ。

 

今回、1番頑張ったのは!

諦めずに大きな海の中を、ひとりぼっちで泳ぎ続け頑張ったわんちゃんです!

 

本当にお利口さんでしたぁ。よくがんばりましたぁ。

これからは、もっともっと楽しい素敵な犬生が待ってるはず!

だって、そのために助かったいのちだからね。

 

これからも、楽しい毎日を送ってね。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました