犬のこうもん腺しぼり方法。こうもん腺しぼりの必要性と、たまると怖い理由

犬のケア

犬のこうもん腺絞り。

ママさんたちは、お手入れの中で一番難関なところではないでしょうか?

家でも絞ってあげたいけど、やり方がイマイチわからない。というお声を沢山聞きます。

 

こうもん腺絞りは定期的に必要お手入れ個所です。

溜めてしまうことにより、さまざまな病気を招いてしまいます。

今回は、こうもん腺の絞り方法、必要性、病気、どうしてあんなに臭うのか。など犬の肛門腺のお話をしていきますね。

 

犬のこうもん腺とは?

肛門腺は元来、犬にとっては情報交換の手段です。

自分のテリトリーを守るための器官でもあります。

 

お散歩などで、初めて会った犬同士が、お尻の匂いを嗅ぎ合いっこしてますよね。

『お友達に挨拶してるの~♪』なんてママさんたちも、犬同士の微笑ましい光景をニコニコしてお話ししていると思います。

犬達は、この行為で、お互いのこうもん腺の匂いを嗅ぎ合い、情報交換をしているのです♪

 

 

これは余談ですが、ネット上の検索時に、

『校門線しぼり』『校門絞り』や『校門線』など誤入力が良くみられます。

正しくは【肛門腺絞り】が正しい名称となります。

 

こうもん腺の分泌液

肛門の下あたりの左右に、肛門腺と呼ばれる臭腺があり、

ふたつの小さい袋状の肛門嚢が形成されています。

その袋の中には分泌液が溜まるようになっていて。この分泌液が匂いを発します。

 

分泌液の量・色・匂いは、個体差により大きく異なります

  • 量➡多い犬もいたり少ない犬もいます。
  • 色➡茶色・黄色・白
  • 匂い➡犬によって、さまざまな匂いがします。

 

液体も、ドロッとしてたりサラサラだったりと個体差があります。

ただ、詰まりすぎていると液体ではなく固形に近づいていきます。

かなり絞りだすのに大変になるので、注意が必要です。

こうもん腺は、なぜ臭いの?

『僕のお尻、匂う?』

 

こうもん腺からする、あの匂い。。

可愛いく愛らしいお尻から、プ~ンとするあの臭い!!

 

臭いにはちゃんと!理由があった!

 

スカンクは、危険を感じると、お尻から悪臭のする液体を噴出して撃退するのは皆さんご存知だと思います。

 

犬も同様に野生時代は、

肛門腺を噴射し外敵から身を守ったり、テリトリーを示したりしていました。

 

なので!

犬も自分の身を守るために!強い臭いを発する大切な機能なのです!

 

いつも、『どうして、あんなに臭いんだろ~!強烈な匂い~!』

と思っていた方が多いと思いますが、

でも!理由が分かると、『なるほど~。だからあんなに臭いのね!ならいいよ~!』

と、愛犬への理解が深まり納得出来るのではないでしょうか♪

 

かなりな親バカな私は。。あの匂いも可愛く感じてしまいます(笑)

 

犬の、こうもん腺しぼりは、必要!

通常はうんちをする際に、こうもん腺に詰まった分泌液を一緒に排出できるのですが、

現在は、人と共に暮らす様になり、外敵から身を守る目的であった、

こうもん腺の役割をする必要がなくなり、

肛門嚢を押し出す肛門括約筋が発達しなくなりました。

 

そのため自力で排出できない犬が多くなっています。

 

特に小型犬・高齢犬などは、自力で排出ができない。
定期的に、人が絞る必要がある。

 

ぽっちゃりの肥満犬は、自身での排出が困難になります。

脂肪が周りに多くつき、人が絞るのも難しくなるため、体の健康のためにも、

日頃から体重管理はしっかりしてあげましょう。

 

犬の、こうもん腺がたまると病気に!

こうもん腺が溜まると、分泌液が肛門嚢にどんどん溜まっていきます。

 

排出出来なくなった分泌液が肛門嚢にどんどん溜まっていき、

そこで細菌が繁殖し炎症を起こし、

「肛門嚢炎(こうもんのうえん)」という状態になってしまうのです。

 

やはり自力で排出できない犬には、

犬のこうもん腺絞りは絶対必要なのです!

 

 

犬のこうもん腺の病気

放置し続けることにより、肛門腺が破裂し大きな穴が開くという最悪な事態があるのです。

そうなってしまった場合、犬は、かなりの痛みを感じることとなります。

そんな可哀想な思いをさせなくないですね。。

 

放置された結果、細菌が繁殖し炎症を起こしさまざまな病気を招きます。

 

こうもん腺の炎症症状

  • 肛門をしきりに舐める
  • 床や地面に、お尻をこする
  • 肛門周辺が赤く腫れる
  • 肛門周辺が出血する

 

こうもん周辺の病気

  • こうもん腺破裂
  • こうもん腺周囲腫瘍
  • 肛門嚢炎(こうもんのうえん)

 

病気を招かない為にも、こうもん腺絞りは重要ですね。

 

自宅でも、こうもん絞りができたら安心ですよね。次は、方法をお話しします。

こうもん腺しぼり方法

この、こうもん腺しぼりが、できない!というのが悩みの飼主さんが多いですよね。

コツを掴んでしまえば、できるお手入れです。

 

愛犬に協力してもらい、チャレンジしてみましょう!

『僕も頑張るから!ママも頑張って!!僕のこうもん腺よろしくね♪』

 

肛門絞りは、分泌液が多く飛びちりや、犬の毛に付いてしまう場合があるため、

お風呂場でシャンプー前に絞るのが、トリミングサロンでも主流です。

その後シャワーで洗い流してシャンプーとの流れが理想です。

 

上手にできるようになると、シャンプーのタイミングではなくても、

肛門にティッシュをあてながら、飛ばない様にできるようになります!

 

では、こうもん腺絞り方法です。

 

絞り方法

 

肛門を時計に見立てて「4時」と「8時」の位置に親指と人差し指をあてます。

↓↓

 

このとき、こうもん腺の二つの袋を触っているか感触を確かめます。

↓↓

 

しっかり、袋に指が当たっていることが確認できたら、

下から押し上げる感じで肛門に向かって優しく絞り上げます。

 

分泌液が出てくれば成功です!

 

注意点

絞る力加減ですが、さほど力を入れなくても絞れるのが通常です。

 

力を入れ過ぎると痛いので、

優しく『下からゆっくり袋を押し上げる』感覚でしてあげてください。

 

力を入れずに!優しく押し上げるがポイントです!

 

二つの袋どちらにも、分泌液が入っているので、しっかり両方から出ているか確認しましょう。

 

肛門周りの皮膚はデリケートなので、力を入れすぎると、

肛門嚢を傷めたり、

わんこも嫌がりますので、無理にはせず、一旦は諦めましょう。

 

焦らずゆっくり、出来るようになるまで練習の気持ちでチャレンジ!

絞る頻度

2週間~1か月に、1度は必要です!

毎日、分泌液が少しずつ溜まっていきます。

1か月に1度は必ず絞ってあげてください。

こうもん腺絞りの分泌液の確認

うまく出せたら、この時出た分泌液の色をチェックしましょう。

正常な分泌液の色

  • 茶色
  • 白っぽい灰色

この色なら、問題なく正常な分泌液です。

あまり溜まっていない場合は、無色だったりもしますので、この色も心配ありません。

異常な分泌液の色

  • 濃い黄色

この色の場合は、炎症や膿んでる可能性があります。早めに動物病院の受診を受けましょう。

 

液体の状態ですが、ドロッとした液からサラッと水状の液と種類は個体差によってさまざまですので、ドロッとしていても心配はありません。

色の確認で、何か問題が起きていないか判断してあげてくださいね。

こうもん腺絞りのまとめ

犬のお手入れの中で、ハードルが高いのが『こうもん腺絞り』だと思います。

無理に頑張らず、優しく回数を重ねながらコツを掴んでいけば!大丈夫です!

 

簡単ではありますが、なかなか難しかったりもするこうもん腺絞り。

 

自宅で頑張ったけど、やっぱり難しいなぁ。。

となったら、無理して愛犬との絆にヒビが入らない為にも、サロンや動物病院にてお願いして見るのも良いと思います。

最低でも1月に1回は、定期的に絞るようにしましょう!

いつでも清潔で、可愛いお尻を守ってあげましょうね。

 

大切な家族の笑顔のために。

たかはしあゆみ

コメント

タイトルとURLをコピーしました