犬の外耳炎、中耳炎、内耳炎。知っておこう!犬の耳について。

犬の外耳炎、中耳炎、内耳炎6 犬の体調

犬に最も多い耳の病気、外耳炎。

耳に菌が増え炎症がおき、腫れたり、赤くなったり、強い痒みを伴う、

犬にとっても辛い病気です。

 

犬の外耳炎は慢性化することが多く、重症化し中耳炎や内耳炎と症状が悪化していきます。

 

細菌の繁殖など、いろいろな要因が複雑にからんで発生する耳の病気。

放置してしまい内科治療だけでは完治せず、外科手術を施すこととなる場合もあるのです。

 

知っておこう!犬の外耳炎、中耳炎、内耳炎について!

詳しくお話ししていきます。

 

 

犬の外耳炎、中耳炎、内耳炎6

犬の耳の病気

  • 外耳炎
  • 中耳炎
  • 内耳炎
  • 耳血腫

耳は、

【外耳(がいじ)】

【中耳(ちゅうじ)】

【内耳(ないじ)】

に大きく分けられています。

その場所ごとに起きる炎症により、病名が分類されてます。

犬の外耳炎

耳の入口(耳介)から、鼓膜の手前までの通りが、外耳道と呼ばれる道があり、

その外耳道で炎症が起きる病気が、外耳炎です。

 

炎症が起きるほとんどの原因は、耳垢です!

お耳掃除を怠ると耳垢が溜まり、細菌が繁殖し外耳炎となる事が多いです。

 

犬の行動は?

  • 臭いがする
  • 耳をかく
  • 頭を振る
  • 耳を床にこすりつける

掻く仕草は、耳ではなく首元あたりを掻く犬もいるので注意して見てあげてくださいね。

 

上記の仕草が見えたら!外耳炎かも?と疑ってあげチェックしてみましょう!

 

犬の外耳炎、中耳炎、内耳炎

 

 

まず!愛犬のお耳をチェック!

  • お耳の中の匂いをかぎ、臭くないか確認する。
  • 耳垢が増えていないか確認をする。

 

正常な耳の中は、ほぼ臭いがしません。

くさい臭いを感じた時は、外耳炎の可能性ありです。

 

シャンプー後やお耳そうじ直後の、綺麗にした後の匂いを覚えておくといいですよ!

  • 正常な耳の匂い➡〇
  • 異常な耳の匂い➡✖

このように、なにか異変があった時、すぐ気付いてあげられるようになります!

 

耳の症状

一般的な特徴は、下記の通りになります。

 

細菌感染による外耳炎

  • 黄色い耳垢やドロッとした耳垢
  • 膿んだにおい

 

真菌感染による外耳炎

  • 茶色い耳垢
  • 独特のくさい臭い
  • 耳ダニによる外耳炎
  • 大量の黒い耳垢
  • 激しいかゆみ

 

重度症状になると、

強い炎症による痛みがではじめ、耳の付近を触られることを嫌がる。などや、

外耳道が腫れて耳の穴が塞がる、耳の中から膿(うみ)が垂れてくるなど酷い症状となります。

外耳炎の原因は?

犬の外耳炎、中耳炎、内耳炎

 

主には!耳道に細菌や真菌がたくさん繁殖することが多いですが、

他に、

  • 耳ダニなどの寄生虫感染
  • アトピーやアレルギー
  • 植物の種などが耳に入った
  • 垂れ耳、耳毛の過多
  • 多湿な環境
  • プールや海などで水の挿入
  • 腫瘍

 

外耳炎は放っておくと。

中耳や内耳にまで進行します!!

中耳炎・内耳炎となると、

神経症状が出たり、手術が必要となるケースがあります。

 

そうならない為にも、耳の異変の早期発見と!早期治療が!大切なのです!

 

1年の中で、温度や湿度が上がり始める、

4月あたりから夏の終わりまでは特に注意してあげてください。

耳の炎症の発症が増え、夏の間に悪化がみられることが多いのです。

 

外耳炎の様々な原因

外耳炎はいろいろな要因が複雑にからんで発生する場合もあります。

 

1. アレルギー(アトピー性皮膚炎・食物アレルギー)

犬アトピー性皮膚炎や、食物アレルギーなどの

アレルギー疾患、脂漏症などに伴って発生することが多いです。

 

過去に、慢性外耳炎に罹患した犬の75%が犬アトピー性皮膚炎を持っていたこと、

食物アレルギーに罹患した犬の55%が外耳炎を認められたことも報告されているようです。

2. 耳ダニ(ミミヒゼンダニ)

耳ダニという外耳道に寄生する寄生虫による外耳炎。

 

耳ダニは繁殖力がとても強く、寄生した犬の写真など見ると、

可哀想で見てられないぐらい酷い状態となっています。

 

感染することもあるので、同居犬などにも注意が必要です。

犬の外耳炎、中耳炎、内耳炎

 

3. 異物混入(毛や植物の種、砂、小石など)

お散歩中に、植物の種や砂・土が入ってしまった場合も外耳炎の原因となります。

草むらなどは十分に気を付けてあげましょう。

 

トイプードルなど、耳の中に毛が生える犬種。

耳毛が伸びすぎ処理をしていないと、耳の中の異物が原因となることもあります。

 

4. ホルモン異常

甲状腺機能低下症

副腎皮質機能亢進症

性ホルモン失調

なども原因として考えられます。

 

5. 分泌腺の異常

耳の脂腺が発達している犬種によくある、皮脂の分泌異常が原因です。

コッカー類など。

 

6. 細菌とマラセチアの感染

通常、耳の中の常在菌である、細菌(ブドウ球菌)とマラセチア。

これが増えすぎてしまうと外耳炎の悪化となります。

 

マラセチアは、特に皮脂を栄養分としているので、

皮脂分泌が多い犬はマラセチアが増えやすい状態にあります。

定期的に耳チェックを、おすすめします。

 

外耳炎の予防法

定期的な、

  • お耳そうじ
  • 検診
常に、お耳を清潔に保ってあげることが1番です!

耳そうじはとても大切ですが、やり過ぎも良くありません。

 

愛犬の耳そうじは、苦手で。。や、愛犬が嫌がってできなくて。。など

ご自宅で頑張りすぎて、逆に耳を傷つけてしまう場合もあります。

 

愛犬が嫌がる場合は、

無理にせずトリマーや、動物病院などに、お任せするのが良いと思います。

 

また、動物病院で定期的に診てもらうことで、

早期に炎症を見つけて重症化を防げます!

犬の外耳炎、中耳炎、内耳炎4

 

外耳炎になってしまった場合、自然治癒はありません。

必ず動物病院での治療が必要です。

 

軽度では1週間ほどで良くなってきますが、

炎症が強い場合は治療が長期化してしまうので、そうならない為に気を付けてあげましょうね。

 

外耳炎は1度なると、再発することが多い病気です。

お耳は常に綺麗に保ってあげましょう。

 

犬の中耳炎・内耳炎

難治性の外耳炎や、外耳炎の治療を十分にしていなかった場合に、症状の悪化で、

中耳炎・内耳炎に波及したケースが多いです。

外耳炎の放置・悪化➡中耳炎に。
中耳炎の放置・悪化➡内耳炎に。

という流れが主です。

 

中耳炎

中耳(ちゅうじ)の炎症が、中耳炎となります。

 

(中耳とは、鼓膜とその奥の空間(鼓室))

 

細菌感染が主に原因で、

外耳炎から鼓膜を通り、中耳炎に波及することが多いです。

内耳炎

内耳(ないじ)の炎症が、内耳炎となります。

 

(内耳とは、中耳からさらに奥にある場所)

 

一般的に慢性化した中耳炎から内耳炎に波及します。

 

 

内耳はバランスを司る三半規管などがある大切な場所です。

その場所が炎症を起こすと。

  • 顔面の神経が麻痺
  • 耳が聞こえづらくなる
  • 瞳孔の大きさが左右で異なる
  • 通常は目頭にしまわれている第三眼瞼(がんけん)が出てくる

 

などの症状がでてきます。

重症の場合は、入院治療が必要となります。

 

中耳炎・内耳炎とも、投薬などの内科的な治療でなかなか効果がでない場合は、

外科的に鼓室を切開し洗浄しなくてはならない場合もあります。

犬の外耳炎、中耳炎、内耳炎

 

犬の耳血腫(じけっしゅ)

耳介(じかい)にある、軟骨内に血液が溜まる病気です。

(一般的に耳と呼ばれている部位)

耳介の軟骨内で出血し、血液が溜まってしまいます。

 

基本的な原因は、

外耳炎の悪化の耳介に強い衝撃が加わることで起きます。

 

外耳炎の犬が、

かゆみや不快感から耳を掻いたり、頭を振ったりすることで耳に衝撃が加わってしまうのです。

 

とくに垂れ耳の犬は、

頭を振ると、耳介が頭部にあたります。これが強い衝撃となっています。

 

耳血腫となると、突然、耳がぷっくりと腫れてきます。

耳が腫れる前には、耳を掻いたり頭を振ったりする仕草の初期症状が必ずあるため!

見逃さないように早期発見に努めましょう!

 

耳血腫の治療は

耳介の軟骨内に溜まった血液を何度か抜くことでよくなります。

しかし、全身麻酔での外科的な処置が必要な場合もあるようです。

 

耳が垂れている犬種

犬の外耳炎、中耳炎、内耳炎5

ビーグル、ゴールデン・レトリーバー、トイプードルなどはかかりやすいので注意です!

放置すると、耳が変形してしまう場合があります。早めに治療をしてあげましょう。

 

犬の外耳炎まとめ

わんこの耳の病気は、清潔を保ってあげることにより防げます!

定期的な耳そうじ

お耳チェック

を、欠かさずに!異常の早期発見に努めてあげて下さいね。

 

 

少しでも異常を感じたら、早期治療と完治するまでの通院を忘れずに!

お耳の病気は自然治癒はありません。動物病院での治療が必要

 

最後までしっかりと治療を続けて完治させることが大切です。

可愛いわんこのお耳♡わたしたちで守ってあげましょうね。

 

 

チワワブログ

大切な家族の笑顔のために。

たかはしあゆみ

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました