11月1日【犬の日】すべての犬を大切に!殺処分を減らすために出来る事

犬の体調

こんにちは!高橋あゆみです。

11月1日【犬の日】です!

 

犬の知識を深め、犬を大切にする日とされています。

 

いつも私たちを癒し幸せにしてくれる犬達に

感謝をして、沢山の愛情を注いであげましょうー!

 

11月1日犬の日

 

【犬の日】は、愛犬に愛情を伝え、絆を深める日でもありますね。

 

それと同時に、

すべての犬たちが、幸せな犬生を送れるように願う日でもあります。

 

いまもなお、殺処分により命を奪われてしまっている犬たちがいます。

この悲しいことが、なくなるように私たち1人1人が出来ることもあります!

【犬の日】のこの機会に、考えてくれると嬉しいです。

11月1日【犬の日】とは?

【犬の日】とは、

1987年に社団法人ペットフード協会により制定された日本の記念日です!

 

制定された当初は、私もそんな記念日があるなんて!知りませんでした。

最近では、この【犬の日】も、だいぶ浸透してきていますね。

 

イベントなども開催したり、賑わっていたりもします!

 

犬の鳴き声である『ワン ! 』から、11月1日と決められました。

11月1日犬の日の制定

 

*犬の日が制定された目的は*

 犬についての知識を身につけ

犬を可愛がる日とされています。

 

隣にいる愛犬を、今日は沢山沢山可愛がっちゃいましょうー!!

 

【犬の日】犬も家族!大切にしよう!

最近では、意識の高い愛犬家が増えてきていますよね。

とっても嬉しいです!

 

犬も家族の一員とし、大切にされ過ごされているわんこが多いですね。

 

『どの家族よりも、1番大切で可愛い!』と、

お話しされる方を多く知っています!

 

私も犬を溺愛しているので、その1人です。。(笑)

 

そんな暖かい家庭で、過ごしている犬と、

 

その真逆の環境で過ごしている犬がいるのも現状です。

 

ほんとに胸が痛み悲しいです。

 

 

犬は飼主が選べません!

 

犬の犬生は飼主が全てです。

 

犬と暮らすと決めたのであれば、

 

必ず愛情を持って大切にしなくてはいけません!

 

犬は飼主が大好きです。

無償の愛を生涯与え続けてくれる心の澄んだ動物なのです。

 

その犬たちを、私たち人は

 

犬を大切にする責任

犬を幸せにする責任

 

が、あると私は考えます。

 

犬の日、犬を大切に

 

犬も大切な家族です。

 

犬は、飼主からの愛情が最大の喜びなのです。

生涯幸せな犬生を送れることができるように、犬を大切にし、可愛がってください。

 

 

【犬の日】の今日を機会に、いつも隣にいてくれる愛犬に感謝して

犬を大切にすること。

犬を幸せにすること。

家族全員で話してくれると嬉しいです。

 

犬の殺処分を減らすために出来る事

犬の殺処分を減らす

環境省の統計資料によると

2018年の犬の殺処分数は8362頭です。

 

そのうち飼主から保健所へもちこまれた犬が

4105頭です。

 

この数字を見て愕然とします。どうしてこんなことができるのだろうか。。

悲しすぎる現実です。。

 

犬のきもちを思うと、どんなに辛い思いでいたのだろうと。。

ほんとうに胸がいたいです。

 

こんなにも沢山の犬たちが、人の都合により命を落としています。

こんなことは、本当はあってはならないことです。

 

そんな不幸な犬たちを増やさない為に、減らすために、

私たち1人1人ができることが、あります。

 

犬の命について、高い意識をもち常に考えてほしいのです。

 

犬を飼う時に、最後まで飼えるのか考えること。

犬を飼ったら、命を大切にすること。

 

ゆっくりと時間をかけ、真剣に考えてみましょうね。

 

 

犬の命の重みを考える

犬の殺処分、命の重み

 

犬の命も、人の命と同じに大切な命です。

 

犬を飼おう。と思った時に1度冷静になり考えてみましょう。

 

仔犬を見ると、可愛いぃー。と誰もが思いますよね。

私も、同じ気持ちになります。

とっても可愛いです。

 

でも、可愛いと思う勢いで犬を迎えるのは避けましょう。

最後まで責任を持って、この犬を飼えるのか?幸せにできるのか?

と、考えてあげて下さいね。

 

この考えることが、

不幸な犬を増やさないための、重要なプロセスになります!

 

終生飼育

犬の殺処分、終生飼育

 

犬と暮らす飼主は、最後まで責任を持って終生飼育を果たしましょう!

 

仔犬や成犬も、必ずみんな老いがやってきます。

介護が必要となる犬も、いるかもしれません。

 

若い楽しい時間を共有し、沢山の幸せを与え続けてきてくれた愛犬。

 

歳を取った老犬になった時は、今度は私たち飼主が恩返しの番です!

 

愛犬が、最後を迎えるまで責任を持ってお世話してあげましょう。

 

歳を取った愛犬も、飼主さんの愛情は必ず伝わります。

 

犬の終生飼育は、飼主の責任であり義務でもあると、私は感じています。

 

愛犬の老後を、私たちが穏やかに暮らせるように

最後まで寄り添いサポートしてあげましょうね。

 

 

逸走防止

犬の殺処分、逸走防止

 

迷子犬にならないように、逸走防止に努めましょう!

 

SNSに、頻繁に見かける迷子犬ツイート。

見るたびに、本当に心が痛みます。

 

飼主さんの辛い気持ちも分かります。

でも1番不安で悲しい思いをしているのは、《愛犬》です。

 

逸走は、注意をしていれば必ず防げる事故です。

 

  • 散歩時の、リード首輪ハーネスの着用
  • 玄関や窓の戸締り

これは、最低限の防止策ですね。

 

 

逸走防止で、1番大切なことは!

日頃から愛犬とコミュニケーションをしっかり取れている

です。

 

このコミュニケーションが取れていたら、逸走はありません!

 

その理由をお話しますね。

 

万が一

犬がビックリして走ってしまった。首輪が抜けてしまった。

など、この様なハプニングが起きてしまった場合も、

 

犬と飼主がコミュニケーションが、しっかり取れていれば

『〇〇STOP!』『〇〇マテ!』など

飼主が犬に声をかければ、犬は飼主の傍を離れません。

 

犬が飼主の事を、

  • 1番頼れる存在。
  • 1番守ってくれる存在。

と、日頃から感じている事が大切です。

 

犬が飼主を信頼できていれば、

信頼している飼主の声や傍を離れずにいます。

 

この信頼は、

犬との日頃のコミュニケーションや、愛情の絆から生まれます。

 

 

逸走や脱走などは、犬が飼主を信頼していることにより防げる事故です。

 

日頃から、愛犬とコミュニケーションをしっかりとって

愛情の絆を、深めておきましょうね!

 

11月1日【犬の日】とは?まとめ

11月1日の【いぬのひ】

大切な愛犬に、

いつもの感謝の気持ちと、沢山の愛を伝えてあげましょう!

 

いつまでも、元気に健康に過ごしてもらえるためにも

今日の【いぬのひ】を機会に、

愛犬の健康を気遣い、運動や食事などの見直しをしてみるのも良いですね。

 

 

すべての犬たちが幸せな犬生を送れることを願っています。

 

チワワブログ

大切な家族の笑顔のために。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました