【犬の爪切り】愛犬が嫌がるを克服できる!おすすめ爪切りのやり方。

犬のケア

愛犬の爪切り!

全ての飼主さんが『爪切りが出来なくて。』とお悩みの1つですよね。

ネットに、切り方説明・動画を見たけど

なかなか上手く出来ない。

という方が多いのではないでしょうか。

でも、実は上手く出来ない理由は爪の切り方ではないのです。

 

わんこ自身の爪切りの苦手意識なのです!

苦手意識を取り除いてあげれば、飼主さんでも充分できるようになります!

 

今回は!爪切りの嫌がるを克服!

わんこも飼主さんも、上手になれる方法!お教えします!

犬の爪切り

 

犬の爪切り嫌がる理由

なぜ犬は爪切りを嫌がるのでしょうか?

 

その理由はさまざまありますよね。

  • なんか怖い
  • 指先を触られるのが苦手
  • 爪を切る時の音や振動が怖い
  • 抑えられるのが嫌い
  • 以前に嫌な思いをした

などなど。

爪切りを嫌がる。ということを違う角度から考えてみてあげると。。

 

爪切りが、嫌いになる理由を取り除いてあげる!

そうすることにより、爪切りの恐怖心がなくなり

徐々に、『爪切りは怖くないかも。大丈夫かも。』と犬も嫌がることが薄くなっていきます。

 

では、どのようにしたら爪切りを怖くない!と感じるようになるかお話していきます。

 

爪切り嫌がるを克服させる

爪切り嫌がるを克服方法

爪切りを嫌がる理由を、先ほどあげさせていただきました!

犬が爪切りを嫌いな大きな理由は、『怖い!』にあります。

 

この『怖い!』というイメージを、『怖くない!』に変えてあげる。

爪を切る前の段階を、変えてあげることにより大きく変わります。

ここがとても大事です!

 

『爪切りが嫌いで暴れまくってしまうんです。。』という飼主さんのご依頼のわんこを

お預りしてますが、最初にすることはいつも

『爪切りは怖くないよ。大丈夫だよ。』と、わんこに触れ伝えていくところから始めています。

すると不思議と、みんなどのわんこも落ち着いて爪を切らせてくれるようになります。

 

では、その方法をお伝えしますね。

大丈夫です!飼主さんでも!実践できます!

 

飼主さん自身の気持ち

まず犬の爪切りを始めるときは、

飼主さん自身が心を落ち着かせ穏やかな気持ちで

愛犬に触れるところからスタートです!

 

飼主さんの緊張や不安のドキドキは、愛犬に必ず伝わります。

 

すると、愛犬も一緒に緊張し不安になり

『えっ!なにするの?なんか怖いよぉ。』と、ここですでに嫌いになってしまうのです。

 

まず、大きく深呼吸して、いつも愛犬を撫でてる時と同じ気持ちになりましょう。

 

愛犬の気持ち

爪切りが怖くないんだよ。という事を教えてあげることから始めましょう。

 

すでに愛犬が、

爪切りを嫌がる。爪切りが怖い。というイメージが付いている場合は、

 

ステップ1

まず!爪切りをする前に、抱っこが好きなわんこは、

膝に載せたりしながら『イイコねぇ。お利口ねぇ。大好きだよぉ。』など

愛犬が大好きな言葉を優しい声でかけ、たくさん撫でてあげて下さい。

 

ステップ2

ステップ1で、愛犬がリラックスしてきたら、

次は、爪切りを撫でてない方の手に持ちながら、

もう片方の手でステップ1を繰り返してください。

 

もし、爪切りを見せた時点で、暴れ出したりした場合は

すぐにステップ1に戻りましょう。

 

ステップ1とステップ2にと繰り返して、

愛犬が落ち着くまで行ってみてあげてください。

 

焦らず、ゆっくりがポイントです!

愛犬も、『あれっ?爪切り見ても怖くないかも?』と思い始めてきます。

 

犬が嫌がらない爪切り方法

犬が嫌がらない爪切り方法

上記の方法で、愛犬がリラックスし落ち着いてきたら。

次は!いよいよ爪切りの実践です!

 

爪切りの時の、指や体を抑えられるのが嫌いや怖いなども、

嫌がる大きな要因の1つになります。

 

ついつい爪切りの時に、力が入ってしまうと思いますが

強く抑えたり、指を強く持ったりしないように!

ママさんも、リラックスモードを忘れずにです。

 

飼主さん自身も、力をいれず愛犬に触れる。

がポイントです。

 

おすすめする爪切りのやり方

 

充分に愛犬がリラックスした状態ができたら。

そのまま、

お膝の上で抱っこした状態で爪を切る

のがおすすめです。

 

私は爪切りを嫌がるわんこは、みんな抱っこの状態で体をくっつけてしています。

犬は、体が触れる事により安心感を感じるので、より落ち着いた状態でできます。

 

もし、まだ怖がっていたり暴れたそうにしていたら

犬の顔に、自身の顔をくっつけ『大丈夫だよぉ』『怖くないよぉ』と話しかける

ママさんが落ち着いた心と声で伝えてあげるのがポイントですよ。

 

腕の中で優しく愛犬を撫で、更に顔をくっつけてあげ、話しかける。

この行為は、かなり犬は落ち着くことができます。

 

ぜひ、実践してみてください!

 

では順序は下記の様にしてみましょう!

おすすめする犬の爪切り方法

 

ステップ1

『イイコねぇ。お利口ねぇ。』と体から徐々に手足の指先を優しく触り始めていく。

次に、切りたい1本の指先へ同じく優しく撫でていく。

 

ステップ2

切りたい指を優しくもち、まず爪を切る振り数回する。

 

指先に爪切りをもっていき、音も振動もなく怖くないんだよ。

という事を感じさせてあげる。

 

すると、犬も『あれっ?爪切りしてるのに何も感じない。怖くないな!』と、感じて

緊張せず怖さが無くなってきます。

 

この時も、同様に声掛けは必須です!

『〇〇ちゃん!凄いねぇ。』『上手にできたねぇ。』『お利口さんだねぇ。』など

褒めてあげましょう。

ますます愛犬も安心して。指を安心して任せてくれるようになります。

 

ステップ3

ステップ2が大丈夫になったら、爪の先だけ少しだけ斜めに爪を切る。

 

沢山に一気に爪を切ることにより、音や振動が体に伝わり、

それが『怖い』と犬は感じるので、

少しづつ少しづつ、切り進めましょう。

 

 

爪切りの途中で、暴れたり嫌がったりしてきたら無理に進めずに、

ステップ1に戻る。というように繰り返ししてあげてください。

 

犬の爪切りポイント『声掛け』と『優しく触れる』

犬の爪切りポイント

犬の爪を切る時のポイントは!愛犬がいかにリラックスできているかです!

 

犬がリラックスしてくれるには、いつものように優しく

『声を掛ける』です。

爪切りを始める前から、爪を切る最中もずっと話しかけ褒めてあげる

このことが、とても重要で大切です。

 

私たちも不安な時や怖い時に、家族や信頼できる人に声を掛けてもらうだけで

安心できますよね。それと同じで犬も声を掛け続けてもらう事で安心し

爪切りの苦手意識も薄れていきます。

 

あとはもう1つ

体をぴったりくっつけ、優しく手足に触れる

です。

爪切りの最中も、ずっと体をくっつけてあげることで安心感が増します。

途中途中に、お顔や頭をくっつけて褒めてあげると、よりリラックス度が増しますよ。

 

犬の爪切り注意点

爪を切った時に、出血してしまった場合は、

慌てずに、出血した切った部分をしっかり押さえましょう。

出血している個所の栓をするイメージです。

 

押さえることにより、すぐ血は止まるので大丈夫です。

 

少しの間押さえてあげると、止血でき止まります。

(時間にすると30秒位)

止血剤という粉が販売されているので、準備しておいても良いと思います。

犬の爪切り注意点

 

*注意*

もし大量の出血をさせてしまった場合や、血が止まらない場合などは、

動物病院へ受診しましょう。

 

黒い爪の犬は、どこまで切ったらいいのか分からなくて不安ですよね。

確かに、黒い爪の犬は血管が見えないので切るのが怖いと思います。

 

出血を防ぐためにも、一気に大きく切るのではなく斜めに少しづつ切り進めましょう。

 

分かりやすい目安は、床に手足を置いたときに、

爪が付かない程度で良いと思います。

 

犬の爪切りまとめ

犬の爪切りは、

ママさんも愛犬も!爪を切る以前の状態を見直してあげることが大事です!

 

愛犬を優しく腕の中で抱き、優しく声を掛け続けてあげる

 

まずココからスタートして!爪切りにチャレンジしてみてください!

 

ママさん。愛犬。お互い苦手な爪切りですが、お話させて頂いた方法を繰り返し

焦らずゆっくりしてみてください。

じょじょに、上手にできるようになると思います。

 

爪切りをしたあとは!わんこを思いっきり褒めてあげてくださいね!

ママさんに褒めてもらうことが、愛犬は何よりの喜びですからね!!

 

では!爪切りがんばってください。応援してます!!

 

チワワブログ

大切な家族の笑顔のために

たかはし あゆみ

 

 

 

コメント

  1. […] 犬の爪切り!愛犬が嫌がるを克服できる!おすすめ爪切りのやり方。 […]

タイトルとURLをコピーしました