本物の犬でUFOキャッチャー。中国ゲームセンターにて動物虐待。

犬UFOキャッチャー、中国動物虐待 動物ニュース

本物の犬でUFOキャッチャー

海外ニュースサイト『METRO』より

2019年5月14日中国のゲームセンターが景品に本物の犬を使っていると報じた。

 

日本でも同年7月に報道番組で動画と共に取り上げられました。

犬UFOキャッチャー、中国動物虐待

 

海外ニュースサイト『METRO』記事によると

中国のとあるゲームセンターがUFOキャッチャーの機械の中に

ぬいぐるみに交ぜて20センチほどの大きさの本物の子犬を入れ、

通常のUFOキャッチャーを設置し、お客が楽しんでいると報じています。

 

 

1匹ずつ小さなバケツのような容器に入れられていて

おびえている子犬たちの姿が映っています。

 

UFOキャッチャーの前には「僕たちを家に連れて行って」と

書かれたボードが飾られていたそうです。

 

動画を見ると、客が金属のクレーンを仔犬にあてて笑っている。

釣り上げた仔犬を

UFOキャッチャーの下部にある景品取り出し口から取り出している様子も。

 

「犬ufoキャッチャー中国」の画像検索結果

*画像Twitterより

 

こんな事が、いまの時代に現実に行われているなんて。。

ほんとに心が痛くてたまらない。。

 

仔犬を物の様に遊びの道具に使い

なんとも思わず笑って遊んでいる人間達がいる事を

本当に許せない。。

 

UFOキャッチャーで取った仔犬たちの、この先は。。どのようになるのだろうか。

愛情を持って、しっかり家族として暮らしてくれるのだろうか。。

と、不安でなりません。

 

このニュースが世界に広がると、

ネット上では「子犬がかわいそう。最低で見ていられない」

「ゲームセンター側は動物が生き物だということを知らないのか」

「こんな光景見たくなかった」などと批判が相次いでいます。

 

中国での動物の扱い方を疑問視する声も多かった。

動画を見た動物活動家たちが中国当局に調査を依頼しているといいます。

 

 

動物を物のように扱う行為は、人として恥ずべき行為です。

 

我が国、日本でも、生きたカニや魚を景品にしたUFOキャッチャーがある場所があります。

 

動物愛護という言葉だけ掲げていて現実を変えていかなくては何も変わらないのです。

 

犬も人も命は同じ

 

犬にも幸せな権利

 

犬の命も、人の命も、同じ。

 

どんな命も平等なのです。犬にも感情もあり心もあるのです。

 

人が、他の命を人間の快楽のために道具の様に扱うなんて、

本当に酷い。酷すぎる。

自分が何もできないのが本当に情けなく感じています。

 

でも、小さな力かもだけど発信していき、声をあげる事で少しでもこの様な現状が無くなっていく世の中になる事を願っています。

 

いま隣にいる愛犬たちも、

すべての地球上の動物たちも、どちらも同じ。

すべての動物が幸せな人生を送る権利があるのです。

 

チワワブログ

大切な家族の笑顔のために

たかはしあゆみ。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました