犬のサマ―カット効果と危険について。サマ―カットのデメリット。

犬の体調

犬のサマ―カット!夏になるとトリミングサロンではサマ―カットのオーダーが増えますね。

でも皆さん!サマ―カットの効果や危険を知っていますか?

一度バリカンを入れると毛が生えてこなくなってしまう犬もいるのです。(泣)

サマ―カットをするときは慎重に。

今回は、毛を短くする効果と危険をお話しします。

犬のサマ―カット効果

ふわふわな毛が可愛いわんこ達♡夏の熱い時期は、そのふわふわが暑そうに感じてしまうことがありますよね。

夏だけ短くサマ―カットをする飼主様も多いと思います。

 

でも!サマーカットの効果をご存知ですか?

犬にとってダメージとなることがあるのです。

 

皮膚が日焼けし、やけど状態になってしまうことがあるのです。

 

犬の被毛は、日光の日差しや紫外線から守る役割をしてくれています。

そのため毛を短くすることで、その役割を果たせなくなってしまうこともあるのです。

  • 皮膚へのダメージが強くなり日焼けしてしまう。
  • 皮膚が熱を感じやすくなり、逆に暑くなってしまう。

短毛種のパグ・フレンチブルなどは、もともと暑さに弱いのは被毛がもともと薄いので、上記にあげたものと考えられます。

犬のサマ―カットの危険

一度のバリカンで、犬は毛が生えてこなくなることがあります!

この事実を知らない方が多いことにビックリしています。

私は、サマ―カットのオーダーを受けたら、必ずこの事を飼主さまへ伝えています。

知らずに以前カットして、毛が生えてこなくなってしまって。。(泣)との犬も見ています。

愛犬がこんな事にならないように、慎重に考えてからオーダーしましょうね。

もちろん割合的には、また生えてくるわんこの方が多いですが、注意しましょう。

サマ―カットのデメリット

  • 毛が生えてこない
  • 毛並みがまばらになった
  • 毛質が変わった

 

『ママ!僕のサマ―カットは慎重にしてね!』

カットしてまた生えてきても毛並みが疎らになったり、

毛質が変わってしまったり、

個体差があります。

 

何度もバリカンでサマ―カットをしていたのに、

急に毛が生えてこなくなったというケースもあります。

犬サマ―カットの危険のまとめ

サマ―カットは、毛が生えてこないという危険がある。

短くすることにより暑さが増し、涼しくしてあげるはずが、サマ―カットで逆の効果になる場合がある。

サマ―カットの効果と危険を考え、

愛犬をカットする場合は信頼できるトリマーと相談し慎重にしてくださいね。

 

わたしも、わんこのサマ―カットは可愛く大好きです。

でも。。

もし?毛が生えてこなかったらどうしよう?と不安で。

我が家のロングコートチワワ3頭は1度もしたことがありません!

やっぱり♡ふわふわな毛並みが大好きなのです♡

暑い夏を清潔に涼しく凄させてあげる為、ブラッシングは毎日しっかりしています!

ブラッシングは毎日することにより、もつれが出来なく、被毛・皮膚に空気が入り皮膚の状態も良くなりますよぉ。

愛犬と楽しい夏を過ごすため、皮膚の状態をしっかり守ってあげてくださいね。

 

大切な家族の笑顔のために。たかはしあゆみ。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました