国内産ペットフードからサルモネラ菌、ペット15頭死亡。68頭下痢嘔吐。

国内産ペットフードで15頭死亡 動物ニュース

国内産製造犬・猫のおやつを、食べたペットが死亡。

国内産食品では、初の死亡事故が発生しました。

 

ペットフードから、サルモネラ菌などに汚染され、食べたペットが

ペット15匹が死亡

ペット68頭下痢、嘔吐症状の疑いがあることが分かった。

 

生活クラブ販売のノースペット製造商品は、注意が必要です!!!

 

ノースペット『ささみ姿干し無塩』サルモネラ菌検出。ペット死亡

ササミ姿干し無塩、サルモネラ菌犬死亡

 

鶏のササミ肉を加工した

「犬・猫用ササミ姿干し 無塩」という商品。

汚染された食品の製造日が18年11月12、19日。

 

生活クラブ連合会が販売、

北海道内の業者「ノースペット」が製造した商品です。

 

現在、もしママさん。パパさんの家に、このおやつがあったら。

早急に破棄してください!

絶対にあげないでください!

 

その後、上記の商品以外にも

『牛の干し肉』にも、菌が検出されたと発表がありました。

 

いま家にあるペットフードが、ノースペット製造ではないか

確認をして下さい!!

 

国内産ペットフードで、ペット死亡。国内初?!サルモネラ菌

日本国内生産ペット用商品から、食べたペットが

15頭死亡

68頭下痢、嘔吐症状

国内産ペットフードでペット死亡。サルモネラ菌

 

国内生産商品で死亡事故が起きたのは初です。

 

生活クラブ連合会が販売している、

北海道工場のノースペットで製造された商品。

毎月8000~9000個売れるほどの人気だったといいます。

 

農水省の畜水産安全管理課も、

ペットフードを食べて10匹以上も死亡した例は、日本ではあまり聞いたことがないと話す。

 

 

日本国内製造商品は、安心と信用していたのに、

今後、大切な愛犬に何を信じてあげれば良いのか。。不安を感じてしまいます。

 

 

ペットフード死亡原因。製造方法は?サルモネラ菌検出

ペットフードは現在、残念なことに。。

法的に食品の扱いを受けていない。

 

生活クラブでは、今後は同等の扱いをすると発表しています。

(という発表をすることは、いままで同等の扱いをしていなかったの?と残念でなりません。)

 

検出されたサルモネラ菌は、

強い毒性がある種類ではなく、死亡した14匹の多くは、高齢や病気がちだった。

との事です。

 

胸が痛くてなりません。。

 

原因は、大きなササミが芯まで加熱されなかったものと考えられている。

 

 

下痢・嘔吐症状があった68匹については、商品を食べたこととの因果関係もはっきりしていないという。

 

訴えのあった組合員に対しては、治療費などの支払いを行った。

ペットが死亡したケースでは、個別に訪問して謝罪し、弔い金も渡したと説明している。

原因は、
大きなササミが芯まで加熱されなかったものと考えられている。

生活クラブによると、その後の調査では、

菌を持っている可能性が高い原料の鶏肉からは検出されず、

工場内や従業員からも菌は見つからなかった。

現在も、原因を特定できないままだ。

 

『ささみ姿干し無塩』を食べて死亡した犬動画

被害にあってしまった飼主さんが、二度とこんな悲しい事故が起きて欲しくない。

と、SNSへあげています。本当はこんな動画は載せたくないのです。。と

悲しい胸の内がひしひしと伝わってきます。

 

 

愛犬の動画を見させていただきました。

 

写っていた愛犬は、

 

痙攣で苦しみ

呼吸も苦しそう

必死に立ち上がろうと頑張る姿

震えで力も入らず立ち上がれない

 

この動画を見た時、鼓動が早くなり

悲しみと怒りで体の震えが止まりませんでした。

辛くて辛くて見てられません。。

 

 

おやつは楽しい時間だったはずです。

 

でも、そのおやつを食べて。

 

どうしてこんな状態にならなくてはいけないのか。

 

そして、どうして命を落とすことになってしまうなんて。

 

本当に、この商品を製造した業者が許せません。

 

本当に悲しいです。本当に怒りを感じます。

 

飼主さんのお気持ちは、私が思う何倍も何百倍も辛く悲しく、悔しい思いのはずです。

いまもなお、愛犬をなくした悲しさと、辛さと毎日戦っていると思います。

 

愛犬が、まさかこのような形で犬生の幕を下ろすことになるなんて

想像もしなかった事でしょう。。

まだまだ、一緒に楽しく毎日過ごすはずだったのに。

 

悔やんでも悔やみきれません。

 

愛犬を失われた飼主さんたちに、
なんてお言葉をかけていいのか言葉が見つかりません。。
痛く辛い思いをした、わんちゃんたちが、今はお空で元気な姿に戻って楽しく走り周っていることを心から願っています。
このような悲劇は絶対に2度とあってはいけない。絶対に。

 ペットフードの食品衛生法規制対象外

ペットフードは、現在食品衛生法の規制対象になっておらず、

通常は食品扱いされていない。悲しい現実です。

ペットフードの食品衛生法規制対象外

 

生活クラブでも、食品ではなく生活用品と位置付けていたとのことです。

今後は、「人の健康被害」と同様に扱い、

自主基準として、ペットフードも加工食品と同等レベルの微生物基準を設定するよう検討したいと発表しています。

まだまだペットフードに関して問題が多いのが現状なのです。

 

ペットフードを製造、販売する業者の方々が、

意識を高く持ち、動物が食べる食品を安全で安心な商品を届けてくれる事を

強く願います。

国内産ペットフードからサルモネラ菌、ペット15頭死亡まとめ

国内販売製造のペットフードからの、死亡事故。

とてもショッキングなニュースです。

 

安心・安全と思っていた国内産ペットフード。

 

この事故を機に、

改めてペットフードのありかたを業者の方々が考えていただきたいと思います。

 

言葉だけではなく、

本当に安心で安全なペットフードを提供してくれることを願います。

 

そして私たち飼主が、

大切な愛犬の体を守る為、食品は慎重に選び与えていきましょうね。

 

チワワブログ

大切な家族の笑顔のために

たかはしあゆみ

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました