2300頭以上のトラが殺され密売。ベトナムにて冷凍されたトラ7頭発見容疑者逮捕。

虎密売。動物虐待 動物ニュース

 

世界全体ですでに2300頭以上のトラが殺され密売

野生動物取引の監視団体「トラフィック(Traffic)」が20日公表した報告によると、

2000年から2018年の間に32か国・地域で、

推定2359頭分のトラの死骸が押収されていることが明らかになった。

年平均で120頭以上、

週平均では2頭以上の計算になる。

 

報告書の執筆者であるトラフィック東南アジア支部代表のカニタ・クリシュナサミー氏は

『非常に憂慮すべき数』だと話し、自分たちの活動は「負け戦のようだ」とAFPに述べたとのことです。

虎密売。動物虐待

 

1900年には、全世界に推定10万頭のトラが生息していたとされています。

しかし2010年には、史上最低の推定3200頭にまで激減し、絶滅が危惧されているようです。

 

以降、トラの生息数はわずかながら増えてきているようですが、

それでも現在、野生に生息するトラは3900頭以下とされているとのことです。

 

クリシュナサミー氏は、次々に押収されるトラの生体や死骸、

また全身の毛皮や骨の量の多さは

「トラの体の部位に継続的な需要があることの証拠だ」と話しています。

 

トラ密売。動物虐待。

 

さらにクリシュナサミー氏は声明で

「議論の時間は終わった。これ以上のトラの減少を防ぐために、言葉を行動に移されなければならない」と訴えた。(c)AFP

 

冷凍されたトラ7頭発見され、容疑者逮捕

【7月26日 AFP】newsより

ベトナムの首都ハノイで

冷凍されたトラ7頭の死骸が車の中から見つかり、

野生生物の不正取引の主犯とみられる容疑者が逮捕された。

 

虎密売容疑者逮捕。動物虐待

死骸押収時の写真から、トラ7頭はいずれも幼体とみられている。

野生のトラなのか、あるいはラオスの違法なトラ飼育場から持ち込まれたものなのかは、

これまでのところまだ分かっていないようです。

同紙によると、トラの死骸はハノイ市内の駐車場に止められていた車内で発見。

7月25日に3人が逮捕され、

うち1人はグエン・フー・フエ容疑者で、長年ラオスから動物を密輸していたとみられている。

虎密売容疑者。ベトナム

フエ容疑者は、

トラや野生生物の違法取引を隠蔽するため、会社を設立し建築資材を販売していたと報じられています。

公安省機関紙が26日報じた。同国は、

以前から問題になっている隣国ラオスからの、野生生物密輸ルートの取り締まりに当たっている。

 

ラオスには違法飼育所が多数存在し、

アジアで需要のあるトラの肉や体の部位の多くを供給しているとのこと。。

 

ベトナムはトラや象牙、センザンコウ、サイの角などの消費拠点であると同時に、

野生生物の主要な密輸経路にもなっている。

一部はベトナム国内で消費されるが、残りは中国へ密輸される。

かつてはベトナムには、多数のトラが生息していたが、今は著しく減少している。(c)AFP

 

トラの殺害、密売は犯罪。トラの体は、トラ自身のもの。

虎密売。動物虐待

トラの綺麗な毛並みは、本当に素敵で見惚れてしまうほどです。

でも、それはトラの自身のものです。けして人間のものではない!

 

人間は、自分にない物を欲しがる性質の欲深い生き物。

自分の欲だけで、動物を殺し自分に身につけては絶対いけない!!

トラの綺麗な身体は、人間のものではなくトラ自身だけのものなのです。

 

すべての人が、このような当たまり前のことを感じるようになってほしい。

トラが安心して、暮らせる自然が1日も早く訪れることを強く願っています。

 

たかはしあゆみ。

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました